社会福祉協議会の概要

― 理念 ―
誰もが住み慣れた地域で 自分らしく
安心して暮らし続けられる福祉のまちづくりを推進する

 

― 6つの柱 ―

財政基盤、組織基盤の整備

会員:全戸加入
会費:1戸当り600円地区
社協:10地区における事業の実施

 

社会福祉関係機関・団体
との連携強化

 

福祉に関する住民意識の
高揚を目指す啓発宣伝

 

住民参加による
地域福祉在宅福祉の推進

 

 

利用者の立場に立った
介護保険事業の推進

 

 

ボランティア活動の推進

 

 

地域福祉事業
~人や地域を大切にする事業~

・関係機関・団体との連携強化
 赤い羽根共同募金運動、生活改善運動、社会を明るくする運動

・広報誌の発行、社会福祉大会の開催、ふれあいまつりの開催

・高齢者福祉事業、障害者福祉事業、児童福祉事業、住民支え合い事業、総合相談事業、日常生活自立支援事業、福祉教育推進事業、援護事業(生活福祉資金貸付事業、歳末激励事業)

・生活困窮者自立支援事業(自立相談支援事業、就労準備支援事業、家計相談支援事業)

・ボランティア育成事業

・施設運営
 老人福祉センター 湯の入荘、ケアセンター湯の入、児童センター・児童館・児童クラブ、北部子育て支援センター、飯山市心身障害児母子通園訓練施設ゆきんこ園

・福祉団体の活動支援

 飯山市老人クラブ連合会、飯山地区老人クラブ連合会、飯山市ボランティア連絡協議会

 いいやまNPOセンター、飯山市遺族会、飯山市遺族会女性部、飯水地区保護司会

 飯山市更生保護女性会、飯山市手をつなぐ育成会、飯山地区社会福祉協議会

 飯山地区子ども会育成連絡協議会、飯山市赤十字奉仕団飯山分団

介護保険事業
~利用者の立場に立ったサービス~

・居宅介護支援サービス

・訪問介護(ホームヘルプ)

・通所介護サービス(デイサービス)

・短期入所生活介護サービス(ショートステイ)

・介護予防

・総合事業

・障害福祉サービス(ホームヘルプ)

 

― 誰もが会員 みんなの社協 ―
社会福祉協議会とは・・・
社会福祉法に基づき、全国都道府県、各市町村に組織された公共性と公益性を併せ持つ社会福祉団体で、地域福祉の推進や在宅福祉サービスを提供しています。
会員である全市民が社協の構成員として福祉活動に参加し、自らの福祉の向上を図ることを唯一の目的として運営されています。
社会福祉法人 飯山市社会福祉協議会
Top