行動計画

社会福祉法人飯山市社会福祉協議会
次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

 子育て期の職員を中心として職員全体が、仕事と家庭を両立させることができ、各々の能力を十分に発揮し、生きがいと誇りを持って、安心して仕事ができるような雇用環境整備を行うことは、福祉の向上のために重要である。
併せて、地域の次世代育成支援対策に貢献するために、次のとおり行動計画を策定する。

1 計画期間   令和 2年 4月 1日~令和 5年 3月 31日
2 行動(実施)内容
【目標1】  ・行動計画実行委員の再編を行う。
・育児休業等について情報提供を行う。

〔対策〕 令和 2年 4月 1日~
(1) 各職場から2名(子育て世代1名、係長クラス1名)実行委員を選出する。
(2) 周知のためのパンフレットを作成する(実行委員会)
(3) 実行委員が各職場を訪問し、パンフレットをもとに職員に周知する。
(4) 各職場で情報を共有し、交流活動を行い職員の相互理解を深める。

【目標2】  ・所定外労働の短縮と年次有給休暇の取得の促進を行う

〔対策〕 令和 2年 4月 1日~
(1) 時間外労働の短縮の取組みについて周知を行う。
(2) 所属長が職員の勤務状況を把握し、必要に応じて調整等を行う。
(3)有給休暇の取得を促進する。

Top
タイトルとURLをコピーしました